転職サイトのウラ側インタビュー|【ナースのお仕事navi】

転職サイトのウラ側インタビュー

元・看護師転職サイトのキャリアコンサルタントが語る

「なぜ転職サイトを使うべき?」「より上手く利用する方法は?」など…
気になる転職サイトの裏事情を、元キャリアコンサルタントのY・Nさんに伺いました。

Vol.3 転職サイトのデメリットとは?

――では、逆に転職サイトのデメリットは何ですか?

Y・Nさん:いろんな会社の転職サイトがしのぎを削ってサービス競争をしていますから、最近ではデメリットがずいぶん少なくなってきました。

とはいえ、一部の心ない転職サイトや、能力のないキャリアコンサルタントのせいで、迷惑されている看護師さんが居るのもまだまだ否定できない事実です。よくあるのは、次の3つですね。

  • 登録した途端、しつこく電話がかかってくる
  • キャリアコンサルタントの偏見で特定の求人への応募を無理やり勧められる
  • 登録したのに紹介してもらえない(希望するエリア・条件の求人が少ない)

――しつこい、特定の求人への応募を無理やり勧められる…当サイトのクチコミでも見かける内容ですが、これはなぜ発生してしまうのですか?

Y・Nさん:転職サイトのキャリアコンサルタントには「今月は何人の転職を成功させる」というノルマ・目標があるからです。ですから、目標に届かない社員は焦ってついしつこく電話を掛けてしまったり、希望と異なる求人に無理やり応募させようとしたり…ということをしてしまうんですね。

但し、そういうことをするのは、まだ半人前の新人か、能力のないキャリアコンサルタントです。というのも、無理やり看護師さんを病院に送り込んでも、サービスや転職サイト側にデメリットしかないからです。

というのも、転職サイトは、看護師さんに無料で利用してもらうかわり、看護師さんを紹介した病院から、「看護師を紹介してくれてありがとう」と収入を得ているんです。このとき、もし転職サイト経由で看護師さんが入職しても、数ヶ月で辞めてしまったら、転職サイトはお金を返さなければならないんですよ。

つまり、転職サイトは、看護師さんに合う病院を紹介し、その看護師さんが病院側に気に入られ、看護師さんもその病院を気に入って、定着して、はじめて儲かるんですよ。収益まで長い道のりなので、嫌われるくらいしつこく電話を掛けたり、求人を押しつけるなんてもってのほかなんです。だから、皆さんが想像しているよりも、求人を押しつけられたりすることって少なくなっていると思います。

転職サイトは看護師さんが病院を気に入ってくれて初めて収益が上がる。病院 良い人を紹介してくれてありがとう 報酬 看護師が気持よく働けなかったら、返さなければならない 転職サイト 看護師を紹介 私にぴったりの病院あるかな? 利用(無料)

――万が一、しつこいキャリアコンサルタントに当たってしまったら?

Y・Nさん:希望と異なる求人はキッパリと断ることですね。
しつこい電話も同じです。特に電話の場合、無視するのは逆効果です。人は、相手が電話に出ないと「今は出られないだけ」と解釈し、折り返しの電話がなければ「着信履歴にも気付かれてない」と感じ、何度も電話を掛けてしまうものです。あらかじめ「電話に出られないときは留守電かメールでメッセージを残してください」と伝えておき、それでもしつこく掛かってくる場合は、担当者を変えてもらうか、そのサイト自体もう使わないようにするのが一番です。

一番良いのは、そういうキャリアコンサルタントに当たらないよう、転職サイト選びの段階から、気をつけておくことですね。ホームページの雰囲気や、実際に使った人の評判を参考に、感じの良さそうな紹介会社を選ぶことが肝心ではないでしょうか。

――登録したのに求人を案内してもらえないケースは、その転職サイトにあまり求人がないということですか?

Y・Nさん:はい。単に転職サイトに希望に合致する求人がないからです。そんなときは、利用するときに転職サイトごとの求人数を見比べられると良いと思います。但し、求人数だけで見比べるのは要注意です。例えば東京の求人を探している場合、全国で求人数5万件というサイトより、関東・関西で3万件の求人があるサイトを使った方が、求人は見つかりやすいと思います。

少し前までは、「地域密着」というと小さな会社のイメージがありましたが、最近では、規模が大きなサイトでも、あえて全国ではなくエリアを絞って運営しているところがあります。「全国対応」の転職サイトでも、本当に全国の求人をカバーできているサイトもあれば、支店があるだけで地方の求人をほとんど持っていないサイトもありますね。希望する勤務地がある程度決まっている場合は、希望の地域の求人が多くあるサイトかどうか確認してから利用することをおすすめします。

また、サイトによっては求人数ではなく、「病院情報数」を公開している場合があります。この場合、求人の有無にかかわらず情報の数でカウントされていますから、混同しないよう注意した方が良いと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

>> 次は お祝い金とは? 紹介会社が病院に詳しい理由は? vol.4 転職サイトの裏話

良い看護師求人はどこに…? 看護師専用サイト利用者評価No.1は? 「月給40万円以上の求人が多いのは?」「一番安心して使えるのは?」「最も情報が詳しいサイトって?」ランキング結果を見る