保健師の仕事|【ナースのお仕事navi】

保健師について

保健師は、地域の活動や健康教育、保健指導などを通じて、地域の人々が健康な暮らしを送るためのサポート、公衆衛生活動を行う、地域看護の専門家です。保健師の起源は、1887年に京都看護婦学校が慈善事業として、病院に行くことができない貧民層に対して始めた巡回看護が元とされています。その後、20世紀に入り、様々な病院が同様の活動を展開。現在のような姿になったと言われています。1993年に法律が改正されてからは、男性で保健師(当時は保健士)になることができるようになりました。
なお、保健師の就業先は、市町村の保健所や保健センター、企業や学校、訪問看護ステーションなど。

保健師の主な仕事内容

基本的には、健康相談を解説して人々にアドバイスを行ったり、健康教室を開催して病気予防や早期発見に努めることが仕事内容です。但し、対象となる人々は、日中家に居る人もいれば、学校に通う人、会社に通う人…と様々です。人々の生活にフィットするように、保健師のフィールドも、大きく3つに分かれます。

1.行政保健師(保健所・保健センターで活動する保健師)

都道府県や市区町村の保健所・保健センターなどで、地域の住民に対して、病気の予防活動や健康増進活動、アドバイスなどを行います。高齢者から妊婦、病人、健常者に至るまで様々な人と接するため、仕事の幅は多岐にわたります。
具体的には…

  • 特定健康指導
  • 特定健康診査
  • 感染症対策
  • 看護予防
  • 乳幼児健診

など。
保健所で働く場合は、障害者や難病患者、結核・エイズ患者などへの保健サービスの提供、インフルエンザをはじめとする流行病への注意喚起も行うことになります。なお、行政保健師になるためには、公務員資格に合格する必要があります。

2.産業保健師(企業で活動する保健師)

企業の産業保健スタッフとして、産業医や衛生管理者と協力し合いながら、労働者の健康管理・増進にあたります。加えて従業員の相談者として、メンタルケア等も担います。
具体的には…

  • 社員の働き方や労働環境・安全性などのモニタリング
  • 定期健康診断結果に基づく社員の健康状態と労働量のバランスの監視、メンタルケア
  • 人事担当者への産業医勧告の支援
  • 36協定による労働時間のチェック
  • 企業の労務・厚生費の効率化および運用提案
  • 問診票や健康診断結果、病欠状況などを基にした組織の健康状態データ集計
  • 健康相談室(保健室)での相談・アドバイス業務

など。

3.学校保健師(学校で活動する保健師)

大学などで、学生や教職員の健康維持や健康増進をサポートすることが主な役割です。
具体的には…

  • 学生や職員の衛生管理・衛生指導
  • 学生が怪我や病気に罹った際の応急処置
  • 人間関係やイジメに悩む子供のケア

など。
学校保健師は、いわゆる保健室の先生と混同される場合がありますが、保健師の資格だけで働けるのは、大学、及び専門学校のみです。小学校や中学校で働く保健室の先生は、養護教諭であり、むしろ看護師免許よりも養護教諭2種免許が必要となります。なお、公立学校などであれば、公務員採用試験を受ける必要があります。

このほか、最近ではNGOやJICAに所属し、日本を飛び出し、発展途上国の恵まれない子供たちに衛生教育を行う保健師も登場しています。

保健師になるためには

保健師になるためには、国家試験(毎年2月に実施)に受かる必要があります。
なお、国家試験を受けるには、受験料として5,400円がかかります。

参考までに、平成24年の試験詳細を記載します。

試験期日

平成24年2月17日(金)

試験開催地

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県

試験科目

地域看護学、疫学・保健統計及び保健福祉行政論

受験資格

  • 看護師国家試験に合格した者
  • 保健師助産師看護師法第21条各号のいずれかに該当する者
  • 又は同法第53条第1項に規定する者であって、かつ、次のいずれかに該当するもの

    (1)文部科学大臣の指定した学校で、1年以上、保健師になるために必要な学科を修めた者
    (この春に修業見込みの者も含む)

    (2)厚生労働大臣の指定した保健師養成所を卒業した者(同上)

    (3)外国の保健師学校を卒業し、又は外国において保健師免許を得た者で、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者

    (4)改正(平成22年4月1日)前の保健師助産師看護師法、第20条第1号に該当する者

    (5)改正(平成22年4月1日)前に旧法第19条第1号に規定する学校に在学し、施行日以後に同号に規定する要件に該当することとなった者(施行日以後に同号に規定する学校に入学し、当該学校において6月以上保健師になるために必要な学科を修めた者を除く)

なお、行政保健師になる場合は、これに加えて公務員採用試験に合格する必要があり、養護教諭として保健室の先生になる場合は、養護教諭二種免許を取得する必要があります。

養護教諭二種免許の取得方法

保健師国家試験に合格し、保健師の登録があり、かつ文部科学省令が定める教育職員免許法施行規則第66条の6に定める科目(日本国憲法二単位、体育二単位、外国語コミュニケーションなど)の4科目8単位を取得している人は、都道府県教育委員会への申請により養護教諭2種免許を得ることができます。上記単位は所定の教育機関(大学や専門学校、または放送大学など)で取得することができます。