小児科看護師の仕事|【ナースのお仕事navi】

小児科看護師について

小児科看護師は、0~15歳の患者を診療科目の区別無く看護します。なぜ診療科目ではなく年齢で区切るのかというと、人間は15歳を境に体のつくりが変わり、同じ病気でも15歳以下とそれ以上では治療法が異なるためです。小児に特化した知識と技術が集まる科目として、小児科が作られました。
そのため、小児科で働く看護師は小児に関する幅広い知識を身につけることができるといえます。

小児科の各職場における仕事内容

小児科の看護師が働く場所は、外来と病棟だけではありません。時にはNICUやPICUなど特殊な職場で働く場合もあります。
職場により、多い疾患や主な仕事内容も変わってくるので、特徴と仕事内容を各職場別に取り上げます。

小児病棟

小児患者が入院している病棟。骨折などの急性疾患から小児がんなどの重篤な疾患、アレルギーなどの慢性疾患、発達障害などの先天性疾患まで、さまざまな患者がいます。
重度の慢性疾患・先天性疾患患者は大学病院や大きな総合病院に多く、民間の病院には急性疾患患者が多い傾向にあります。看護師は、それら患者の心身にわたるケアを担います。
具体的な仕事内容は

  • 医師の診療介助
  • 発育状態の見極め
  • 急変時の対応
  • 患者と保護者のメンタルケア

です。
近頃は小児科医師不足により、看護師の仕事領域が上記より広がっている病棟もあるようです。なお、通常ならば病棟看護師が行うおむつ交換や食事介助などは、小児病棟に限って患者の母親が行うことが多いという特徴があります。

ちなみにPICU(小児集中治療室)でも仕事内容は「医師の診療介助」「急変時の対応」などですが、PICUに入院している患者は、特に重篤な疾患(主に心臓疾患)を抱えているため、より高いレベルの専門知識と技術、また正確な判断力が求められます。

NICU(新生児特定集中治療室)

主に未熟児や、何らかの先天性疾患を抱えていたり、すぐに手術をする必要がある新生児の集中管理と治療を行う職場
主な仕事は

  • 新生児の体調管理
  • 医療ケア(輸液・注射など)
  • 急変時の対応(酸素投与、他の病院への搬送処置など)
  • 保護者のメンタルケア

です。
保育器の中でないと生きることのできない赤ちゃんにとって、微量の酸素濃度や温度の変化は命取りとなりえます。病棟以上に急変の起きる可能性が高いので、看護師は万一の事態を引き起こさないために、常に患者を見守り万全の状態を保つ、注意力と気配りが必要です。

GCU(継続保育室、回復治療室などと呼ばれる)

NICUほどの集中管理・治療の必要が無い新生児のケアを行う職場
主な仕事は

  • 新生児の体調管理
  • 退院指導(沐浴指導・授乳指導など)
  • 保護者のメンタルケア

です。
GCUでは回復の目処が立った新生児がほとんどですが、その一方で、患者の中には後遺症を持って生きていかなければならない赤ちゃんも。新生児への成長指導であったり、後遺症へのフォローであったりと、どちらの場合にしても看護師にとって保護者への働きかけが大事な仕事です。医療行為よりは患者と保護者に対する指導の占める割合が多くなります。

どの職場で働くにしても、小児患者は成人以上に個体差があり、成長や発達の段階に合わせた処置選択が必要です。血圧や脈拍ひとつとっても、発達段階による違いがあります。そのため小児科看護師は、専門性の高い知識とあらゆる局面に対応できる柔軟な思考力を仕事の中で身につけることができます。

小児科看護師にとって大切なこと

以上のように、小児科看護師は働く職場によって患者層も仕事内容も変わりますが、小児を看護する上で大切なスキル・スタンスは共通しています。それは

  1. 鋭い観察力と、素早い状況判断力
  2. 保護者と協力し合う意識
  3. 子供を好きな気持ち

です。

小児患者は自分の状態をうまく伝えることが難しい場合が多いため、勤務するうちにバイタルサインやわずかな表情の変化から状態を読み取る鋭い観察力を身につけることができます。また子供の体は急変が多く、かつその急変に耐える力が弱いので、素早く状況を判断し対応するといった高い看護スキルも磨かれます。
特にNICUの患者は予断を許さない新生児ばかりのため、これらのスキルはより高いレベルが求められます。責任は大きいですが、心拍モニターなどを通し、保育器という人工子宮の中で育つ赤ちゃんを見守るという、言うなれば母親代わりとなるやりがいを感じることができる仕事です。
「保護者と協力し合いながら患者の看護にあたるという意識」「子供を好きな気持ち」を持っているかも非常に重要です。
保護者にとって、子供が重い病気にかかっていることは非常につらく、常に不安定な精神状態におかれています。患者である子供は保護者の精神状態に左右されやすいため、保護者の心のケアを行うことはそのまま、子供のケアにつながります。親子に寄り添い、病気と闘う前向きな気持ちへと導くことが、小児科看護師の使命であり醍醐味といえるでしょう。
また、感情を素直に表現する子供の看護をするというのも小児科の特徴です。「病状が回復した時の笑顔が好きで、小児科をずっと続けている」という看護師も多いそうです。

小児科看護師になるには

小児科では、看護師免許さえあれば働くことができます。働くうえで覚えておくといいのは「小児科は、成人看護とはまた違う専門性を身につける」という点でしょう。小児科はその他の診療科目と違う特徴が多いので、成人看護と比べて身につく技術や特化する知識も変わります。興味を持った方は、その点を踏まえた上で挑戦してみるといいのではないでしょうか。
ちなみに、小児科単科配属が叶うかは病院の規模・種類によって変わります。民間病院の小児科は扱う症状が軽く、季節によって患者の数が大きく変動します。仕事がなくなってしまうという状態を防ぐため、配置は混合病棟とされることが多いです。
一方、大学病院や専門病院では単科配属がほとんど。慢性的な重度疾患を抱えた患者が多いため、患者数が大きく変動しないというのが理由です。